ドクターこあら

雑食博士の趣味探索(カメラ・イラスト・プログラミング)

初心者がAdobeCCを始めてみたら・・・こんな感じ。その2。

InDesign楽しい

憧れと勢いだけでAdobeCCを契約したデザイン素人が色々触ってみる話

前回に引き続き、Adobeの色んなアプリを触ってみようと思います。

前回は元々VLOGのためだったのもあり、Premire Proを触るようになったお話と、ブログのアイキャッチ作成のためにExpress、そしてお絵描きのためにFrescoを紹介しました。

mountkoara.hatenablog.com

アドビポートフォリオでサイトを簡単につくってみた

まったく存在を知らなかったのですが、AdobeCCを契約するとAdobe Portfolioが作成できるようになるそうです。

とても簡単なwebサイトが作れます。デザインはいくつかテンプレから選ぶ感じです。

portfolio.adobe.com

私はとりあえず何かを作ってみたかったので、Lightroomのアルバムを参照するだけの簡単なフォトサイトを作成してみました。

a7mxjj22cx.myportfolio.com

ポートフォリオサイトですので、絵や写真を並べるためのテンプレートがたくさん揃っています。

今は撮って出し(編集ゼロ)でしか写真を扱っていないのですが、今後はフォトショなどでうまく現像できるようになったらもっとポートフォリオを充実させてみたいです。

InDesignを触ってみた

今回のアイキャッチはInDesignを使って作成してみました。

個人的には、InDesignがこれまで試したAdobeCCアプリの中で1番とっつきやすくて楽しいかも!

というのも、今まで研究や仕事でワードやパワポはそれなりに触ってきたので、それらの融合のようなInDesignは使いやすい!

InDesignの親ページなんて、パワポのスライドマスターを作っているイメージです。パワポで色々作成してきた人にはInDesignへの移行を強くお勧めしたい!

目次もあっさり作れた!

せっかくなので、現在KDPで出版しているものをリライトしてInDesignで入稿してみます。

またブログに電子書籍出版のお話を載せたいと思います。

(後日談)できたよー!

アドビで遊んで良かったことは、制作意欲がどんどん湧くこと!

今回思ったよりInDesignが最高過ぎて、電子書籍を作り始めるなど次の創作活動につながって毎日ワクワクできています。

私は多趣味な自負はありますが、どれも中途半端で得意なことはありません。

でもアドビのおかげで、動画も、絵も、文章も、どれもが楽しく創作できるようになりました。

形から入る趣味もそう悪くはないですね!

よかったらぜひ。