ドクターこあら

雑食博士の趣味探索(カメラ・イラスト・プログラミング)

大人目線で絵本の書評「だるまさん」

私の雑イラスト

こちらは比較的新しい絵本で最近のベストセラーらしく、3冊セットをプレゼントで頂きました。

きりんさんでもぞうさんでもなく、だるまさん

「だーるーまーさーんーが、転んだ!」でおなじみの「だるまさんが」というフレーズが何度も繰り返されます。子どもは繰り返しが大好き。さらには可愛い「だるまさん」なので大好きの掛け算です。

だるまなのに、手も足もあります。そう、この絵本にはリアリティはなく、ネタ的にはだるまさんである必然性は皆無なのですが、おそらく「だるまさんが」のリズムを最も重要視しているからこそのだるまチョイスなのでしょう。作者のかがくいひろしさんの他の作品を見てみると、「おしくらまんじゅう」などもあったので、こどもが大好きなリズム遊びを題材にしているんですね。

助詞の「が」「の」「と」

「だーるーまーさーんーが」というフレーズは3冊セットの「が」に出てきます。他にも「の」と「と」があります。基本的に同じリズムで「だーるーまーさーんーのー」というように続きます。

助詞として言葉の節々で使われる「が」「の」「と」を楽しく学べます。ちなみに私が好きなのは、王道の「が」です。一番難易度が低く、ゼロ歳児の我が子たちも最初にリアクションを見せてくれました。

ジェスチャーの動きが分かりやすく真似しやすい

0歳の時から一緒に楽しく真似でき、初めて◯◯出来るようになった!をこの絵本を読みながらいくつも見つけることのできた思い出深い絵本です。「だーるーまーさーんーがー♪」というリズムでゆらゆら揺れたり、ドテッと倒れる真似やギュッと抱きしめるシーン・・・あかんわ、思い出したらうるっときますね。

大人になって絵本を読む機会ができてよかったこと

しばらくぶりに絵本を読むと、変わらない定番にまた出会えたり、一方で時代の変化を感じることもあり新鮮です。だるまさんは比較的新しい作品です。個人的に、絵本は「いないいないばあ」などのド定番がベストセラーであり続けるように、あんまり新しいものはもうヒットにならないものだと勝手に想像していたのですが、いつの時代にも子ども達の心を掴む絵本は生まれ続けているんですね。

 

自分の変化として一番面白かったのは「作者目線」「大人目線」で絵本の意図を感じることができるようになったことかもしれません。作者の子ども達への優しい眼差しを感じることができたのが、一番の収穫でした。

よかったらぜひ。