ドクターこあら

雑食博士の趣味探索(カメラ・イラスト・プログラミング)

書斎は永遠の憧れ

今週のお題「デスクまわり」

f:id:mountkoara:20210702130858j:plain

今週のお題は見逃せない!

 

読みたい・書きたいお題ナンバーワンはデスクまわりです!

デスク周りで興味を持ってネットサーフィンした人の中でこの記事に当たらない人はいないと思う。

note.com

この記事のすべてを読んで、しっかり影響されていくつか揃えました。特に配線周りはケーブルやディスプレイアームなど大変参考になりました。

 

上の私のデスク写真に写っているものとして、デスク本体はFlexispotの電動昇降式、椅子はHerman Millerのアーロンチェア、ディスプレイはエルゴトロンのOEMのアーム、ランプはアングルポイズのポールスミスコラボ。

長年かけて少しずつ採用し、お気に入りのものが残って淘汰されてきた我が家のスタメン達です。

 

1つずつ気に入っているところと気になるところを紹介します。どれも2年以上使っている生の声です!

私のものはちょっと古くて同じものが見つからなかったのですが同じタイプの電動昇降の脚を買って幅120センチ、奥行き60センチの天板を乗せて使っています。広さは十分ですが、慣れてしまって140でも良かったなと思っています。奥行きは手の届く範囲が決まっているので今のままで十分ですね。

電動昇降式じゃないと上げ下げしなくなるので、電動式は正義です。

子供が小さいので上げてしまうと手が届かなくなるのが「めちゃめちゃ助かります」。時々思いついたように立って仕事したくなる時が来るので、足踏みしたり爪先立ちしたりしながら仕事をしています。

唯一のデメリットは「マジで重い」こと。気軽に動かせません。しかし安定感は抜群。

今なら天板付きで、しかもちょっとスリムになったものが出ているので個人的には今買うとしたらこちら一択。そして白色もあったので気分転換で白色もいいなと思います。いいなーーー。

モニターアームは買ったものがまだアマゾンにありました。こちらは本当におすすめ!マットな質感とロゴなどが目立たないところが気に入っています。ほぼ真っ黒。

買った時に動きのスムーズさを調節する六角棒のようなものを紛失してしまい、もっとスルスルにしたかったのに・・・という希望が叶えられていないのが私の失敗ポイント。デフォルトでも十分動きますが、微調整したい人は私のように無くさないでね。

気になるポイントはアームを外す際に垂直に上に動かすと金属の部品が外れやすいこと。そんなにマイナスではないけどね。

みんな大好きアーロンチェア。私が買ったのはA(スモール)サイズです。

実は私のものは手を置くところが付いているのですが、アマゾンからは消えていました。ページは残っています↓

こちらのアーロンチェアは廉価版で、可動箇所が少ないのが特徴です。しかし、頻繁に手すりの位置を変えたり、リクライニングをしない人間にとってはむしろウェルカムで、2年間でまったく不便がないです。

Aサイズというのは幅が少しスリムで、お部屋に圧迫感を与えません。我ら夫婦は187センチ、151センチと大柄小柄の凸凹コンビですが、Aサイズで全く問題ないです。

配線ケーブルは個人ごとに隠したいケーブル径が異なると思うのですが、とりあえずこちらは万能なのでおすすめ。安定の3M。あなたの周りの3メートル以内に存在するから3M。

www.paulsmith.co.jp

机の上の最後はアングルポイズのランプ。これは只の趣味です。可愛い。他にもう少し小さい白色もある。機能的に良いところはものすごくスムーズに動くところ。歯医者さんが頭上で動かす鏡付きのランプあるじゃないですか?あのイメージね。気になるところは支える台が平らではないので上に物を乗せられないし、場所を取るところかな。これは飾りだと割り切る必要アリ。

ライフのノーブルノート

ジェットストリーム

デスクのお供といえばノートとペンですが、ライフのノートとジェットストリームは10年以上大好きなまま愛用しています。どちらもバリエーションが色々出るようになりましたが、やっぱり良いものは良いです。つい新しいのを見かけると買ってしまうくらい大好き。

 

ライフのノートは厚みのある少しクリーム色の用紙と、そして装丁の美しさでイチコロ。ノート自体も厚く、薄いノート4冊分が綴じ込まれていて、私は項目ごとに4つに分けて使ったりもしています。

ジェットストリームは書き始めの液だまりがないことが決め手でずっと使ってます。時々他のものも試そうかなー?というところで新しいタイプ(写真はジェットストリームエッジ)が出てきてまたノックアウトです。エッジはクリップがしっかりしてデザインも機能も良い!細い(0.28mm)のもいいね。

renoverisu.jp

デスク周りの「周り」がどこまでを含むのか分かりませんが、私は広い「ワークスペース」が欲しいです!「スタディーコーナー」のような狭いものではなく、もうガッツリお部屋が欲しい。夢の書斎。

デスクと、コーヒーを飲んだり絵を書いたりする円卓、寝転がって本が読めるソファ・・・すべてが入っていて、かつ開放的な明るいお部屋が理想です。

理想に近いのは上記リノベルのお部屋。こうやってセンスの良い方の写真を眺めては妄想するのが趣味です・・・。

こちらの画像は三井ホームさんのウェブページからお借りしましたが、さすが大手ホームメーカーはおしゃれですね。良い・・・素敵過ぎます。

 

いつか来る夢の書斎作りに向けて、日々お気に入りを集めて、自分の好きなスタイルを決めていきたいです。

よかったらぜひ。